これを知っていればOK、結婚式における親族の心得と装いについて

両親の正式な装いと親族の心得

新郎新婦が和装の正式礼装なら、父親は五つ紋付き袴、母親も黒留め袖が基本になります。洋装の場合は、昼間と夕方以降では正装が異なります。昼の挙式なら父親はモーニングコート、母親はアフタヌーンドレス、夕方以降の挙式であれば、父親は燕尾服かタキシード、母親はイブニングドレスにします。ただ、最近では、新郎新婦が和装の正装から洋装の正装にお色直しするパターンが増えていますので、格式さえ整っていれば、父親がモーニングコートで、母親が黒留め袖にするなど、和洋の別は両親の好みに合わせてかまいません。特に注意しなければならないのは、母親は新婦や招待客を引き立てることを心がけ、無地で落ち着いた色合いのものを選ぶことです。なお、父親と新郎の服装は同じものになることが多いので、和装の場合は父親の袴の色や縞を、洋装の場合は父親のネクタイの色を地味なものにして、新郎を引き立てるようにしましょう。また、親族も、両親や新郎新婦とともに招待客をもてなす立場にありますので、服装の格式を含め、ちぐはぐな印象を与えないような注意が必要です。

両親以外の親族の装い

新郎新婦との関係が近いほど、両親に準じた装いをします。特に年齢の高い兄や姉は、両親に準じて招待客をもてなす役割がありますので、男性はモーニングコートかディレクタースーツ、女性は、留め袖でも、アフタヌーンドレス、セミアフタヌーンドレスでも大丈夫です。姉でも未婚で年齢が若ければ、振り袖やフォーマルな感じのドレスでもかまいません。ただ、振り袖なら中振り袖にして、新婦より華美にならないように、ドレスであれば、花嫁衣裳の白や新婦のお色直しの色を避けるようにしましょう。

古都鎌倉の鶴岡八幡宮で結婚式を挙げる神前式は、四季折々の自然に彩られた中で両家の絆を結び、二人の門出を祝福する本格的な結婚式になります。忘れられない一生の記念日になるでしょう。