知っておきたい!結婚式の前撮りの基礎知識

結婚式の前撮りとはどんなものか

前撮りとは、結婚式より前の日にウェディングドレスや和装を着て撮影するものです。結婚式当日の写真は、二人の全体像がはっきりと写すことができなかったり、カメラ目線のしっかりした写真が撮りにくい等という場合があるので、事前に前撮りをしておくことで結婚式の記念写真をしっかりと残しておけます。結婚式の前撮りをするカップルは多く、中には結婚式場のスタッフに勧められる場合や、セットプランで前撮りが入っているというケースもあります。

結婚式の前撮りは写真スタジオで行われることが多いです。スタジオ撮影は室内なので転校を気にせずゆっくりと撮影することができます。最近の若いカップルは、外に出て撮影するロケーション撮影を選ぶことも多いです。ロケーション撮影は開放感のある海辺や緑地といった自然の中から、庭園や神社など和装にぴったりの場所を選んで雰囲気のある写真撮影をすることができます。中には、二人の思い出の場所で撮影するというロマンチックな方法もあります。

前撮りをしておくと色々なメリットがある

前撮りには様々なメリットがあります。前撮りに使用するドレスや和装を結婚式当日に着るものと同じものにすれば、着用にどれだけ時間がかかるかを事前に知ることができます。その他、メイクやヘアセットなども事前に確認できるので、当日のイメージをより具体的にすることができます。

結婚式当日はバタバタとしていて、写真もしっかりとしたものが中々撮ることができません。しかし前撮り撮影は撮影の準備だけなので、落ち着いてリラックスした状態で撮影することができます。また自由度も高いので、二人だけのオリジナリティ溢れる思い出の一枚を作ることができます。

京都には数えきれないほどの古い建造物や趣ある雰囲気の施設が存在します。そのため、前撮りを京都で行う場合は高い確率で和装に合う良い写真が撮れます。